○ 青色申告の方が申告がおトク

記帳義務

日々の取引が正確に記録されていなければいけないの?

青色申告で税負担が軽くなるのは有り難いけれど、それだけ記帳義務が重いのではないかと、これから 青色申告をしようという人が、二の足を踏むのはこの点ではないでしょうか。 青色申告の適用を受けるためにには税務署の承認を得なければなりませんが、いちばん重要な要件はたしかに、この

記帳義務なのです。 青色申告は白色申告にないいろんな特典が認められていますから、当然ながらその申告内容が正確であることが 前提です。所得税や法人税は、申告納税方式が前提ですから、自ら年間売上を集計してそこから売上原価や必要経費 を差し引いて所得、つまり課税対象額を算出

するのです。この計算に誤りがないことを、証明できる記録がそろって いなければならないのです。 もちろん、取引の実態は、売上なら納品請求書、領収書、レジペーパーなどで証明できるでしょう。けれど、 売上といっても相手方の決裁方法は手形、銀行振込、集金などさまざまなので、いつ決裁し、

残高はいくらなのか、 値引きの有無はどうか、などの取引の流れを把握するには やはり帳簿に頼らざるをえないのです。仕入れや必要経費にしても支払先があることなので、同様と言えるでしょう。 さらに、商売が一定の規模を超えていくと、税金対策というだけでなく、資金繰りなど経営上でも帳簿は

不可欠なのです。しかし、この記帳義務には緩和措置が設けられているので、個人事業者の場合は「簡易簿記」でも差支え ないことになっています。

詳しくは税務署に聞いてみる

青色申告のことでの疑問・質問などが出てくると思います。そういうことは国税庁で直接聞いてみるというのもありだと思います。 結構、丁寧に教えて貰えますよ。国税庁

Copyright(c)2013  青色申告   All rights reserved.